あなたの期待を超える家づくり。

耐震性

地震に強い、これだけの理由。クレバリーホームが地震の強いのには、たくさんの理由があります。
お客様の安全で安心な居住環境をお守りするために…クレバリーホームが考えたのは、堅固な構造を確立していくことでした。
揺ぎない強さを実証したのには、これだけの理由があるのです。

柱脚金物を標準装備。基礎と土台をガッチリ緊結


耐震構造のS&Cシステム・SPG(ストロング・ポスト・グリット)構造

通し柱が在来工法の4倍

合理化システム認定工法S&Cシステムをベースに、主要構造部分等において更に進化したS&Cシステム・SPG構造を採用(ストロング・ポスト・グリット構造)。一般的な在来工法の場合、通し柱は4本弱ですが、クレバリーホームでは主要グリット柱を全て通し柱にすることにより(通常の2~3倍 ※ の本数の通し柱)高強度・高精度な建物へと進化しました。

※通し柱の本数は、プランにより2倍未満となる場合がございます。


耐震構造のSPGモノコック構造

さらにバツグンの耐震力を実現

外周壁に構造用耐力面材を貼ることにより
横からの力に対する抵抗力を高め、
地震に強い住まいへとさらに進化しています。


クレバリーホームのエンジニアリングウッド

クレバリーホームの構造用集成材は、一般素材よりも1.5倍強く、一般的な構造用集成材よりも1.2倍強い!

一般製材に比べ約1.5倍も強い構造用集成材。クレバリーホームではさらに強度の高い欧州産のレッドウッド材を使用した集成材を全ての主要構造材 ※ に使用しています。しかも防腐・防蟻効果も高めたAQ認証を受けており、耐久性にも優れています。私たちは地震に強くいつまでも安心して暮らしていただける住まいをお届けします。

※一般的には強度が必要とされる梁などの横架材のみ「レッドウッド」材を使用するケースが多いようですが、クレバリーホームは横架材はもちろん、柱材全般に採用しています。


耐震構造の木造住宅の弱点を強化

在来工法に比べ1.5倍~3倍の強度。接合部の強度アップ

木造住宅において、万一の地震の際、その力が最も集中するのが接合部です。この接合部の強度性能を高めることが耐震性を高めるために非常に重要なテーマといえるのです。クレバリーホームが採用したのが多種にわたるオリジナル金物です。さまざまな金具を使用して、木造住宅の弱点である接合部の強度アップを図っています。

耐震構造のしっかりとした基礎と、剛性の高い床構造

■立ち上がり幅150mm、高さ430mmの強靭なベタ基礎と剛性の高い床構造を採用

クレバリーホームでは、基礎の全面に鉄筋を配して建物の重量を面で支えるベタ基礎を標準で採用。耐震性に優れ、軟弱地盤にも適した基礎構造です。一般的な木造住宅で120mmとされる地盤面からの立ち上がり幅を150mmとすることでより強固に仕上げました。敷地の地耐力に応じた、各種地盤改良にも対応。さらに、基礎高を住宅金融支援機構の【フラット35】適合基準400mmを上回る430mmを確保することで、湿度対策にも十分な配慮をしています。また、地震や台風の力に負けない住まいづくりには、基礎だけではなく、床の剛性も重要なポイントとなります。クレバリーホームは、土台・大引と床構造用合板を一体化させることで剛性を高める、根太レス工法の床を採用。地震や台風時に加わる大きな外力に対しても、変形や破壊が起こりにくい強い構造を実現しています。また、床を支える束には防錆処理を施した鋼製束を使用。従来の木束やプラスチック束に比べて劣化が少なく、経年による乾燥や反りが原因で発生する床鳴りも防止できます。

全面に鉄筋を配したベタ基礎を採用。建物の重量を面で支えることができるため、地耐力の低い軟弱地盤に対して有効です。

耐震構造ジェイエックス。揺れを熱に変えて吸収する制振テクノロジー

揺れは熱として吸収され拡散されます。

J-ECCSSの「特殊な粘弾性樹脂」が揺れを吸収。耐震に比べて、体感される揺れも減衰します。構造体への負荷も軽減し、家自体の耐久性の劣化も防ぎます。一般的な耐震住宅に比較して、約55%の揺れを吸収でき、揺れの衝撃エネルギーをほぼ半減させます。

先進科学により誕生した新素材

特殊な粘弾性樹脂とは、スチレン・イソブチレン系エラストマーという新素材
一般的なゴムなどに比べて、耐候性に優れ、温度に影響される範囲が小さく、エネルギーの吸収力に優れ、衝撃吸収性能を有しています。