あなたの期待を超える家づくり。

藤枝市高柳 M様邸 – 構造用面材

大工工事により建物外周部には構造用面材が取り付けられています。

画像は部屋内側からとなります。

外壁タイルがクレバリーホームの代名詞となっていますが、本来のクレバリーホーム最大の特徴はSPG構造とモノコック構造を融合させた「プレミアムハイブリッド構法」です。

SPG構造は主要な構造グリッドに1階と2階を貫く通し柱を最大2~3倍の本数(一般的な在来工法では4本程度、若しくは0本)を採用、この通し柱のよって基礎と土台と屋根を直結し、地震や台風の揺れや屋根にかかる荷重をスムーズに分散させ、高強度・高精度の木造住宅を実現します。

モノコック構造は外周壁に構造用耐力面材を加えることで横からの力に対する抵抗力を向上させ地震や台風の揺れを吸収して建物のねじれを防ぐ強い剛性を発揮します。

東日本大震災時の大津波にも全棟耐え抜いたこの構造躯体にもご注目下さい。