あなたの期待を超える家づくり。

赤穂浪士の討入りの日

12月14日は赤穂浪士47名が吉良上野介邸に押し入り、上野介を殺害して主君の仇を討ちした日です。

そもそも事の発端は、浅野内匠頭が皇室の使者を迎える準備に携わっていたのですが、そのおり、要領がわからずに吉良上野介の不興を買って馬鹿にされたため、発作的に斬りかかり、その日のうちに内匠頭に切腹を命じられました。

で、その仇討ちしたとの事です。

 

馬鹿にされたからと言って斬りかかる事は良くないですが、この事件を教訓として、人を馬鹿にしないように、にこやかにほがらかに過ごして行こうと思います。また、上席だからと言って、下の者を馬鹿にする事はやめましょう。権力をかざしていばり散らしてる方は、斬りかかられ、仇討ちされてしまいますよ。

 

静岡東店の藤本でした。