あなたの期待を超える家づくり。

クレバリーホームは【さや管ヘッダー工法】です

在来工法の先分岐工法と比較してのさや管ヘッダー工法のメリットは以下の通りです。先分岐工法は、鋼管にエルボやチーズと呼ばれる分岐する部材をネジで結合して、枝状にそれぞれ各水道の蛇口まで配管する工法に対し、さや管ヘッダー工法は、ヘッダーという部材に給水配管をまとめてそこから1本1本単独で各水道の蛇口まで配管しているので水を同時に使用しても均等に一定の水量で供給してくれます。

メンテナンス面では、もし水漏れが発生した場合、先分岐工法は配管をたどって水漏れ箇所を確認しなくてはなりません。ヘッダー工法は、ヘッダー部と給水先の水栓部の2箇所、確認するだけで合理的です。

工事課 中澤