あなたの期待を超える家づくり。

松の内

正月飾りの「門松」「鏡餅」「しめ飾り」は、松の内まで飾ります。

1月7日までを「松の内」と言っている地域が多いかと思います。

松の内が終ると、お正月気分も終り、正月飾りも取り外し通常の生活が戻ってきます。

 

皆様は、お役目の終ったお正月飾りの片付けどのようにしていらっしゃいますか?

 

私の住んでいる地域では、日本の伝統行事の一つである、正月飾りによってお迎えした

歳神様を正月飾りを燃やす炎と共にお送りする、送り火の性格を持つ火祭り「どんど焼き」

を地域の方の努力により長年続けております。

 

正月飾りを、ご家庭で片付けをしなければならない、ご家庭も多くありませんか。

その場合は、そのまま捨ててしまうのでなく、感謝の気持ちを込めて

大きめな綺麗な半紙など白紙の中央に、正月飾りを乗せ「左・右・中央の順に塩でお清め」

をした後、燃えるゴミとして片付けをしていただければよいのではないでしょうか。

今年の正月飾りを、片付ける時は少しだけ気を配ってみませんか。

素晴らしい一年がきっと待っています。

 

髙橋建設株式会社 住宅事業部 事業部長 石ヶ谷 英明