あなたの期待を超える家づくり。

HOME

実りの秋

 

 

 

 

 

9月末~10月には出まわるのが新米です、もうそろそろです。

日本人にとって白く輝く新米を食べることは、

一年で最も楽しみな時期といえます。

稲作が日本で開始されたのは縄文後期との説が有力だそうで、

もともと稲は、インドや東南アジア原産の熱帯植物であったため、

日本で栽培するのには多くの工夫と手間がかかったそうです。

しかし、日本人の研究の熱心さと技術によって、世界最高水準の米作りが行われるようになり、

また、品種改良においては数千種を超えるといわれ、現在の米の種類は560種、

家庭で食べるお米は274種もあるのだそうです。

美味しい新米を食べられるこの時期、有難く、とても楽しみです。

作る農家の皆様にに感謝していただきたいと思います。

 

写真は、静岡住宅展示場の近くの田んぼの写真となります、

・・・「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の通りになっていますね。

 

髙橋建設㈱ 住宅事業部 事業部長 石ヶ谷英明