あなたの期待を超える家づくり。

HOME

【お客さま邸を紹介】子育て世帯が建てた3階建て外壁タイルのお家①

こんにちは!静岡市を中心に、外壁タイルの家づくりをご提案しているクレバリーホーム/髙橋建設です。
今日は、外壁タイルの素敵な家づくりをご依頼いただいた、お客さまの実邸を施工事例としてご紹介!3階建の建物に、3色の外壁タイルを使ったマイホームを完成されたのは、駿河区のS様。
早速どんなお家なのか、じっくりご紹介してまいりましょう!

▶︎3つのタイルで素敵に演出した外観デザイン

3階建の住まいを、3つの外壁タイルで彩ったS様邸。使っているのは、2色のサーモナーボーダータイルと、白いナチュラルスクエアタイル
道路から見て一番広い面積で目に飛び込んでくるのは、ライトブラウンのサーモナーボーダータイルです。玄関ポーチ部分は、形も色も違うナチュラルスクエアタイルを使うことで、アクセントに。レンガ色の階段と組み合わせて、とても優しい印象を演出しています。
 
▶︎使いやすくて収納たっぷりの玄関ホール

家族が増えれば増えるほど、マイホームで暮らす年月が長くなればなるほど多くなるのが、靴。
玄関の収納は、将来のことも考えてやっぱり多めに作っておきたいとおっしゃるお客様は少なくありません。
S様邸でも、天井いっぱいのシューズラックに加えて、玄関入って右手側には土間収納を確保。シューズラックはクレバリーホームのオリジナル収納ユニットMONOプレイスです♪

 

最近は、玄関の収納を土間収納だけにするお家も増えていますが、家族の写真や花、雑貨など玄関周りを彩る際には、飾り棚としても使える高さのシューズラックがあると暮らしが華やぎます。
 
▶︎和室は子育て家庭に嬉しいリビング横の収納に

育ち盛りのお子様がいるS様一家。
収納といえば、リビングダイニング横に作った和室コーナーも大活躍しています♪

小上がりの和室コーナーは、座布団などを入れられる小さな収納棚に加え、棚の下も市販の収納ボックスなどを並べられるコーナーに。
リビングに散らかりがちなおもちゃは、お子様が大きくなったら自然とリビングから無くなっていくもの。そのために収納スペースを作ると、将来「使わない/使いにくい」収納になってしまうこともあり得ます。

その点、和室コーナーなら、「ここはおもちゃを置く場所」とお子様もわかりやすく、程よく収納スペースも確保できるのでおすすめですよ!

 

次回は、インテリアコーディネートの参考になるアイデアもたくさんのS様邸のLDKを中心にご紹介いたします。