構造部材である筋違と取付けています。
筋違は柱と柱の間に斜めに入れる部材で、地震や強風時の横の力に対抗してくれます。
筋交いと書く場合もあります。