「幸せになる住まい」の匠・石ヶ谷 英明(一級建築士)です。      
      
今日は、庇についてお話したいと思います。      
      
庇の最適寸法はと、質問されることがありました。      
      
庇の出寸法は「開口面の高さ×0.3」が目安です。      
      
これは、夏至の前後1ヵ月半の日射をカットする寸法です。      
      
屋根の軒の出寸法、ベランダの出寸法にも置き換えることができます。      
      
      
昔の住宅は、夏のことを考え 軒を深くしてきましたが、      
      
建築技術の発達した現在では、夏より冬を基準に考えた方が      
      
快適を効果的に手に入れられるかもしれません。