構造躯体である筋違を取付けています。
筋違は梁と柱の間を斜めに支える部材で、地震などの横荷重から建物を支えてくれます。