「幸せになる住まい」の匠  石ヶ谷英明(1級建築士)です。       
       
今日は、「家を買う」 「家を建てる」 という考え方についてお話したいと思います。       
       
「家を買う」という表現は、すでに完成した形で存在する対象物を、金銭を払って手に入れる意味を持ちます。       
       
「家を建てる」は、家族の形態やライフスタイルに合わせて、長く快適な生活を送るための       
       
智恵や工夫を土台から作り上げて行く意味があります。       
       
完成した器に家族をはめ込むか、家族の希望やライフスタイルに合わせてイメージを練り上げて       
       
新しい家をつくっていくか。       
       
       
「買う」か「建てる」かで、家に対する向き合い方は、違ってきます。       
       
       
その家に、自分と家族が住み、そこで幸せに暮らしていくイメージをしっかり持つことが       
       
先々家に飽きないコツだと思います。       
       
「買いたい」という思いだけが強く、どう暮らしていくかを具体的にイメージしなかった人の中には、       
       
家を自分たちの生活の場として十分に活かせない時があります。       
       
所有するだけで満足したらあまりにも、もったいない。       
       
だから、家でどんな楽しい暮らしができるのか、家族とどんな時間を過ごすのか       
       
どんな夢を育てるのか、どのように家を家族と共に住みこなしてゆくか       
       
自分の思いを織り込んだ家を「建てる」気持ちで臨んでくみたらどでしょうか?       
       
そのことを、サポートしてゆくことが私たちの役割ではないでしょうか。