12月19日、島田市河原町のH様邸に訪問した折に撮影した画像です。
川会所と言う建物です。
江戸時代に大井川の川越しの料金を決めたり、川札を売った所で元禄9(1696)年に川越制度が確立されてから川役人が川越業務を行なってきた建物だそうです。
H様邸の直近(徒歩圏)にこの川会所を含めた島田宿大井川川越遺跡があります。
いつも通る度に、江戸時代にタイムスリップしたような気持ちにさせてくれます。(^○^)
                                 by 店長 Sakashita (^。^)y-.。o○
★島田宿大井川川越遺跡
大井川の東岸,旧東海道沿いに国指定の史跡「島田宿大井川川越遺跡」があります。
旅人が川札を買った「川会所」をはじめ,川越し人足が詰所としていた「番宿」や「札場」など当時の町並みが復元されています。