こんにちは、設計の杉山です。
今回の大好きな一冊は 貴志祐介先生の
『新世界より』というSF小説です。
SFというジャンルを何か読んでみようと思い、たまたま文庫化された時
本屋に平積みされていたので手に取った作品です。
ファンタジー的な要素が多分に入った感じの作品で上、中、下巻と三冊の長いお話ですが
楽しく読むことができました。
それでは失礼いたします。