こんにちは、設計の杉山です。
今回の大好きな一冊はジェイムズ・ティプトリー・Jr.の
『たったひとつの冴えたやりかた』というSF小説です。
3編の物語からなるお話しなのですがそれぞれが個性的な
つくりになっています。
ちなみに一番はじめの話しが一番印象にのこっています。
純粋な意志の強さがとっても綺麗な一冊でした。
それでは失礼いたします。