「幸せになる住まい」の匠・石ヶ谷 英明(一級建築士)です。   
   
今日は、「キッチン」についてお話させていただきます。   
   
「手際のよい人がつくった料理は大変おいしい」   
   
個人的な意見ですが、多くの方に賛同いただけるのではないのでしょうか。   
   
その逆もまた真なり。   
   
今夜のディナーのできばえは、レシピ選びもさることながら   
   
調理する人の手際のよさにも左右されます。   
   
冷たく冷やして食べたいものは先にこしらえて冷蔵庫に、   
   
熱々で出したいものは、出来立てをそのまま食卓に   
   
狭いスペースで材料や調味料が目まぐるしく行きかうキッチンは、空間デザインはもとより、   
   
出来るだけ機能的であることが求めれれます。   
   
   
キッチンに収める機器は、いくつもありますが、その代表格は、   
   
冷蔵庫・コンロ・シンクの3つ  そこにまな板を置くスペースを加えたものを、キッチン機器四天王と呼ばれています。   
   
では、この四天王をどのように配置したらよいのでしょうか。   
   
 料理の基本手順に従って配列するとよいのでは  
   
 ① 食材を取出し   冷蔵庫
   
 ② 洗う   シンク
   
 ③ 切る・刻む  まな板
   
 ④ 鍋に入れる   コンロ
   
キッチンが,どのような形状であれ この① ② ③ ④のリズムを守れば使いやすくなります。   
   
   
キッチンは、料理の手順を意識して設計しないと使いづらくなります。